NativeCamp. Dinner
 
  • セルビアインターン生募集

    インターンシップの概要

    2015年のサービス開始以来、私たちは「世界の70億人と話そう。」をビジョンに掲げてきました。
    2019年現在、在籍講師が世界100ヶ国を突破し、ますます世界中に拡大しています。
    現在、ネイティブキャンプには、日本・フィリピン・シンガポール・セルビア・ブルガリアの5ヶ国に拠点がありますが、世界展開の中心となり活動をしていいるのが、セルビア支社です。 日本を飛び立ち、言葉や習慣も全く異なる遠く離れたヨーロッパの国・セルビアで、世界に羽ばたくインターン生を募集します。

  •  

    必要なものは行くという意志

    海外への挑戦を費用面だけであきらめないで欲しい。
    ネイティブキャンプでは、オンライン英会話サービスの運営を手伝っていただくお礼として、ビザ取得費・宿泊費(水道・光熱費込み)・食費・オンライン英会話レッスン費を負担。通常留学にかかる諸費用を0円にすることで、あなたの「海外で挑戦したい。英語を習得したい。」という意志を最大限サポートしていきます。
    ※ご自身で負担いただくのは往復航空券代、滞在中のお小遣いのみとなります。

 

募集概要

  • Icon Search

    募集内容

    インターンシップ

  • Icon Form

    応募資格

    年齢18~30歳くらいまで、英語力・性別・経験等は問いません。学生の方はもちろん、社会人の方からも募集をお待ちしております。最短3か月より滞在が可能な方で、明るくやる気のある方!長期滞在可能な方、海外留学に興味のある方、留学経験のある方、接客経験のある方、海外就職に興味ある方、大歓迎。

  • Icon Location

    勤務地

    セルビア・ベオグラード

  • Icon Time

    勤務時間

    1日実働8時間
    (うちオンライン英会話運営のお手伝い4時間、オンライン英会話レッスン4時間)

  • Icon PC

    業務内容

    • ・英会話レッスン受講業務 (デモレッスンの受講)
    • ・ブログ作成業務(英会話に関する記事の作成)
    • ・教材作成業務 (ネイティブキャンプ教材の作成)
    • ・講師育成業務 (講師へのレッスン教授法の指導・教育)
    • ・人事業務 (講師の採用、社内レクリエーション企画)
    • ・エンジニア業務(ネイティブキャンプのサイトを確認し、改善点調査)
    • ・運営業務(セルビアスタッフの管理) 等
      ※ 配属先は、適性や英語力に応じて決定させていただきます。
  • Icon Calendar

    休暇

    土日・祝日

  • Icon Care

    待遇

    • ・英語講師と1対1のオンライン英会話レッスン1日4時間!
      (カランメソッド、TOEIC®TESTコース受講することも可能 !)
    • ・食事 (現金支給)
    • ・社宅完備 (水道・光熱費込)
    • ・ビザ代全額会社負担
    • ・業務終了後、オンライン英会話レッスン受け放題!

この世界70億人繋ぐという
壮大なプロジェクトに、
「あなた」も参加しませんか?

 
  • セルビアってどんなとこ?

  • どこにあるの?

    東ヨーロッパのバルカン半島に位置しています。

  • 国の大きさは?

    国土面積は北海道と同じくらいです。また、人口は約700万人で、埼玉県の人口とだいたい同じくらいです。(埼玉県の人口:733万人)

  • 気候は?

    セルビアが位置する緯度は北海道に近いです。しかし夏は40℃、冬は‐20℃と上下の差が大きいです。

Serbia Scenery
  • 言語は?

    公用語は、セルビア語です。若い方は比較的英語が通じます。 ※ヴォイヴォディナではルーマニア語、パンノニア・ ルシン語、ハンガリー語、スロバキア語、クロアチア語も公用語です。 ※コソボではアルバニア語も公用語です。

  • 通貨は?

    RSD(セルビアンディナール) 1RSD=1円

  • 物価は低いの?高いの?

    物価は日本の3分の1から4分の1程度です。以下に一例をあげます。 - ミネラルウォーター :50 RSD(約50円) - ランチ:1食あたり 300 RSD (約300円) - 家賃(1K):15,000 RSD(約15,000円)

Serbia Scenery
  • 日本との時差は?

    冬は-8時間 / 夏(サマータイム)は-7時間です。
    ※ セルビアにはサマータイムがあります。

  • フライト時間はどれくらい?

    日本からの直行便はなく、最低1回は乗り継ぎが必要です。 目安は待ち時間を除いて16時間~

  • 宗教は?

    セルビア正教が約80%以上と多数を占めています。
    その他には、ローマ・カトリック教、イスラム教、プロテスタントの順で続きます。

Serbia Scenery

有名な観光地は?

  • Serbia Tourist Spot

    ベオグラード要塞

    紀元前4世紀から作り始められ、それぞれの時代の文化や歴史を感じ取ることができ、大学での研究などに役立ててることができるでしょう。ベオグラードで最も美しい公園として人気の観光スポットとなっており、その頂上からはベオグラードの街を一望することが出来ます。

  • Serbia Tourist Spot

    クネズ・ミハイロヴァ通り

    ベオグラードの中心をなす大通りです。ショッピング街として多くの人で賑わっており、歩行者天国となっています。 通りにはファッション、雑貨、土産物店、カフェ、レストランなどがあり、とてもオシャレな通りです。

  • Serbia Tourist Spot

    聖サワ大聖堂

    世界でも最大級の正教会の大聖堂で、セルビア正教会の創建者であり中世セルビアにおいて重要な人物である聖サワを記憶しています。 観光客からもとても人気の高いスポットとなっています。

  • 採用担当者より

    NativeCamp. Staff

    人事部長 川原明

    やってみたい!という思いさえあれば、
    未経験でも大丈夫!

    ネイティブキャンプの海外インターンシップをお考えのみなさまこんにちは!人事部長の川原と申します。みなさんは、今、どんな理由で海外へ行こうとお考えでしょうか。

    古来より日本の勇敢な若者たちは、新たな知識を求め海を渡ってきました。例えば、のちに初代総理大臣となる伊藤博文もその一人です。飛行機のない時代、船での海外渡航はまさに命がけでした。海外留学には、現在の価値で1億円以上がかかったそうです。そんな彼らが持ち帰った知識が日本の発展に貢献したことは言うまでもありません。人が未知の知識や文化を知りたいという飽くなき探究心は今も昔も変わらないのかもしれないですね。

    時が経ち、現在、留学は身近なものとなりました。留学にはさまざまな方法がありますが、ネイティブキャンプなら海外インターンができます。必要なのは、一歩を踏み出す勇気と意志です。もし、みなさんが少しでも興味があるのであれば、ネイティブキャンプは全力で応援します。このプログラムでは、インターン参加者や日本人スタッフがたくさんいるので、困ったことがあればなんでも気軽に相談できます。

    留学や海外インターンを検討しているけれど、資金面や海外生活への不安などを抱えているみなさまにとって少しでも後押しになることができればいいなと思っています。学生、社会人を問わず英語ができるようになりたい、海外で生活したい、就労経験を積みたい方、海外ボランティアに興味がある方、大歓迎です。ご不明な点があればお気軽にお問い合わせくださいませ。

  • セルビア駐在スタッフより

    NativeCamp. Staff

    セルビア支社長
    木嶋海人

    自然豊かなセルビアで、
    英語を学びながら海外就労経験を積む!

    みなさん、こんにちは。セルビアで世界各地の自宅から働く講師の採用・システム開発・環境整備を担当しております木嶋と申します。日本人にとって、セルビアはあまり馴染みがない所ですよね。けれども、バルカン半島に位置するこの国は、キリスト教やイスラム教の影響を受け、多くの民族が入り混じった、多様性のある所です。

    現在、首都のベオグラードにオフィスがあります。弊社以外の日系企業も進出しており、一番発展しているエリアにもかかわらず、自然豊かで、人々も温厚、身の危険も感じません。ゆっくりとした時間が流れています。また、とにかく食べ物や飲み物が安くて、おいしいのも魅力です。ワイン・野菜・お肉と、どれも新鮮で、体が喜ぶことを実感できます。スタッフのセルビア人たちも、こちらでの生活をサポートするために親身になってくれるホスピタリティーの高いメンバーばかりです。

    飛行機やバスを使えば、すぐにヨーロッパ諸国に行けるのもセルビアの利点です。フランスまでは飛行機で2時間半、ドイツまでは約2時間です。英語を学び、実際の旅行で通用するか試してみるのに絶好の環境がここにはあります。私自身も、精一杯みなさんのサポートをしていきたいと思います。前職は高校教師でしたので、当時を思い出して、寄り添っていければと考えております。みなさんに会える日を、心よりお待ちしております。よろしくお願いいたします。